所得証明書不要のカードローン

カードローンは小口金融商品の一種で、原則として担保や保証人を必要とせずに借り入れができるという点に特徴があります。したがって借り入れ希望者に返済能力があるかどうかの判断は、もっぱら本人の収入の額によってなされることになります。そのため、利用申し込みを行う際には、身分証などの本人確認書類のほかに、所得税の課税証明書や給与明細など、本人の所得を証明する書類の提出が求められます。ただ、人によっては所得証明書類を用意することができない場合もあります。たとえば職に就いたばかりであるとか、引っ越しをしたため前年の所得を申告した役所が遠方にあるとかいったケースがそれにあたります。そのようなときは、所得証明書類を提出しなくても利用できるカードローン会社を探す必要があります。そんな会社が果たしてあるのかというと、実はけっこうたくさんあります。

といってももちろん一般の利用者と同等の条件というわけにはいかず、利用可能額はかなり低めに設定されています。具体的な金額は各社によってまちまちですが、消費者金融会社であれば数万円から数十万円程度のところが多いです。各社ともあまり大きく宣伝はしていませんが、ホームページ上の「よくある質問」の項などをたんねんにチェックすると、所得証明書不要でも利用できるケースに関する記載が見つかります。また、銀行のカードローンの中には百万円単位の利用でも所得証明書不要としているところがあります。これは、口座の利用状況など他の手段である程度返済能力を判断することが可能であるという理由によるものです。

カードローンが収入証明不要でOK?

主婦クレジットカードを作る場合の審査について

 

クレジットカード主婦が作る事は可能ですが、一口に主婦と言っても様々な立場の主婦がいるため、人によって作れるカードも作れるかどうかの可能性も違ってきます。 クレジットカードを作る際の審査ではその人自身の収入が問題になってきます。例えば正社員でバリバリ働いていて収入も十分にあるような人なら会社員の男性と同じようにカードが作れます。収入が安定していることが審査では大変重要な要素だからです。その他にも派遣社員や契約社員も正社員とあまり変わらずカードの申し込みが出来ます。ではパート社員だった場合はどうかというとこちらは少し審査が厳しくなってきます。とにかく収入があれば作れるような少額のカードならば作る事が出来ますし、18歳以上なら誰でも作れるようなカードならば作る事が出来ますが、正社員で安定した収入のある人ほど自由にカード会社を選ぶことは出来ません。そして全く収入のない専業主婦になると条件はさらに狭まってきます。全く収入がないという事は家庭内でいくら頑張っていても支払い能力はゼロとみなされますので無職でクレジットカードを作ろうとしているのと同じことです。カードを作るための審査というのは収入がどのくらいあるか、安定した収入があるかどうかが大事なので、こうした場合は配偶者などの信用を使って申し込むことになります。配偶者である夫に妻の分の支払いまで背負える収入があるかどうかが大事になってきます。結婚している女性であっても立場や収入で大きく条件が変わってきますので自分に合ったカードを申し込むことが重要と言えます。